水道工事は給水装置と排水設備が必要

水を使うためには、上水道と下水道が必ずセットで必要となります。一般的に水道工事と言えば上水道である給水装置工事のことを指しますが、これだけでは使った水を流すことができません。そのため、排水設備も設置しなければならず、下水道は家庭内で使用した生活排水や雨水を流すために使用されます。

■水を引き込むための給水装置

蛇口をひねるとすぐに清潔で安全な水が出てくるのは、給水管引込工事と屋内配管工事が適切に行われているからです。給水管引込工事とは、地下に埋め込まれた水道管から敷地内に水を引くために行ないます。水道メーターまでが給水管引込工事の範囲となり、水道メーターから家庭内の蛇口までの工事を屋内配管工事と呼びます。この二つを合わせたものが給水装置工事です。これは自治体より許可を受けた指定給水装置工事事業者でなければ行うことができない決まりとなっています。


■使用した水を流すための排水設備

一方で、家庭などから排出される汚水は、各家庭に設置された汚水桝に集められ、それらが下水道につながっています。下水道は上水道と合わせて大切な公共設備となります。給水装置の場合と同様に、下水道排水設備指定工事店だけが工事を許可されています。各家庭の排水口から排水桝までの範囲は個人の所有物となるため、水漏れが起きた場合は早急に対応が必要です。建物の中で汚水があふれてしまえば、水濡れだけでなく異臭や衛生面での問題が発生します。排水管は壁や床下、庭などの敷地内の地下など普段目にしない場所に設置されています。そのため、下水の臭いがするなど異常が発生した場合は、業者を呼んで点検をしてもらう必要があります。


■まとめ
清潔な水を供給する給水装置と、使用した水を処理する排水設備は、両者のどちらかが欠けると生活に大きな影響を与えます。どちらの工事を行う場合も水道法によって定められた指定工事店へ依頼する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ