水道工事の業者を見分けるポイント

工事を手配するうえで、どれくらい費用がかかるのかということは依頼主にとって重要でしょう。何に対しても適切な費用相場があり、相場から大きく異なる金額は何らかの事情を抱えている場合があります。そのため安く修理できるにこしたことはありませんが、金額だけで判断してしまうと大きな問題を生じる可能性が捨てきれません。信頼できる業者を選択する目を持ち、大事な水道 工事で失敗しないようにするのが大切です。

■認可の重さ

水道 工事や修理は、水道法によって指定給水装置工事事業者でなければ施工できないという決まりがあります。水はライフラインであるため公共性が非常に高く、だれもが自由に工事を行えるわけではないのです。もしも指定を受けていない業者が工事を行えば、ペナルティを受けることとなってしまいます。そのため、水道局の認可があるかどうかが重要になるのです。
この認可は、工事に対する技術も審査されるため、かなり厳しいものとなっています。そのためこの認可を受けている業者であれば、技術面でも信頼できるという一つの判断基準となっています。

■認可はトラブルで取り消されるかもしれない

一度取得した認可が永久に続くかと言うと、そうではありません。トラブルを起こしたりすれば、この認可は取り消される可能性があります。この内容は、管轄の水道局によって違いはありますが、非常に厳しいものになるでしょう。そのため業者としても、適切な対応を行わなければなりません。万が一トラブルが起きれば、自社の看板に傷をつけることになり、水道工事の認可を取り消されるからです。



■まとめ
水道 工事は、社会的なインフラとしても重要な意味を持っています。水道局の認可は、工事の基準を守る重要性を持たせているシステムです。この認可を受けている業者がすべて安全というわけではありませんが、少なくても信頼できそうな業者を見つけるポイントにはなるでしょう。評判などを加味して考えることで、さらに安心できる業者も探すことができるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ