水道工事の見積もりは契約の内容を示す

信用できる水道工事会社を見つけるポイントとしても、見積もりは重要な意味があります。工事の内容や金額を示してもらい、実際に修理を依頼するか判断するための書類だからこそ、必ず発行してもらう必要があります。費用として適正であるかどうかを判断するため、見積もりの重要性を考えてみる必要が出てくるでしょう。

■見積もりの重要性

見積もりは、工事をおこなう前にどんな作業をして、それにいくらかかるのかを見積もった書類です。工事を依頼する以上、どんなことをしてもらうのかを依頼主は知っておかなければいけません。水道に関する基礎的な知識があれば、見積もりもしっかりと読めるようになっていきます。納得できる内容かどうかもわかるでしょう。
見積もりの内容にわからないことがあれば、徹底的に説明してもらうことも必要です。知識を持って臨めば、その理由から料金が適正かどうかも判断できます。大切なことは、見積もりに不明点がある状態で工事をスタートしないことです。トラブルを未然に防ぐためにも、記載内容に何が含まれているかをきちんと確認しましょう。

■一式は中身がわからない

見積もりの項目を見ると、一式と書かれてくることがあります。これは大きな問題点です。その理由は、どのような内容にいくらかかるのか分からないため、見積もりの意味があまりないからです。もちろん、別紙で内容の詳細を書いた見積もりも作成する場合があります。これは様式として正しい方法です。
工事内容として費用一式と書かれた見積書は、結局どのような内容が含まれるのか客観的に判断できません。そのため、工事をした後トラブルが起きたとしても、事前に依頼主が承諾した内容がわからないため、揉める原因になる可能性があります。

■まとめ
水道 工事は、依頼主の許可がなければ業者が工事を開始することはできません。依頼主が許可を出す判断材料の一つとして、見積もりがあります。信用できる業者はきちんと工事前に見積もりを提示してくれるだけでなく、不明点は聞けば答えてくれます。このような点が、見極めのポイントになるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ